引出物

結婚式で一番選択を悩むグッズといえば引出物ではないでしょうか。これだけは自分自身の気持ちより、贈られるゲストの気持ちを最優先に考えなければならないのですから難しいと思います。 これが出産祝いであればおむつケーキがいいとオススメします。おむつケーキは実用性・機能性・見た目バッチリです。おむつケーキを贈られて迷惑、なんて人はいないはずです。

同じように引き出物でも「万人受け」を目指したいところ。予算が限りなくあれば、誰もが驚くような引出物を用意することも出来るでしょうが、予算は限られ、尚、皆が喜ぶ物は中々ないと思うのが悩みになるのでしょう。遠方からいらしてくれたゲストに重い引出物を渡すのも気が引ける。

二次会に移動する友人も身軽なほうが良いのでは、などの思いから、プリザーブドフラワーアレンジやカタログギフトが人気なのも頷けます。でもやっぱりカタログでは味気ないし、記念になるものを贈りたいと思う気持ちがあるので、悩んでしまうのではないでしょうか。たまに花のアレルギーを持ってる人もいますから、プリザーブドフラワーも考え物ですよね。

引出物の人気ランキングなどを見ると、カタログ、陶器といった感じです。陶器も趣味に合わないと、そのまま押入れになんてケースが沢山あると思います。

そうならないように選んでみても、ゲストの趣味は共通ではないですよね。なるべく気に入ってもらえるような気配りとしては、ゲストによって引出物を変える事ではないでしょうか。プリザーブドフラワーなら、女性にはうけそうですが、男性の単独世帯ではどうでしょう。

同じ陶器にしても、独身の友人と、ご年配の趣味にはかなり違いがあると思います。
最近の変わりダネといえば、お米などがあるようです。袋に新郎新婦の写真やイラスト、メッセージなどが入るようです。インパクトもあり、誰もが食べるものなので、喜ばれているようです。

引き出物のはじまり

そもそも引出物とはどういったものなのでしょうか。少し紹介してみます。
日本で古くから行われている風習であり、名の由来は馬を庭に引き出したことから来ています。意外なことに、引出物とは慶事以外の香典返しなども指す言葉でもあります。そして鰹節などの食品を配っていたようです。

私の田舎でも結婚式に限らず、お祝い事に鰹節を贈るケースが現在もとても多いです。ちなみに私の田舎は鰹節の消費量が全国一なので、沢山もらっても嬉しい引出物の一つですね。引出物は地方によってもかなり大きく違いがあるもので、両手に持ちきれないほどの引出物、重いものであることなど重要であるなど色々な風習とともにあるようです。しかしながら、時代の流れで様変わりしているようです。現在では引き菓子と1品が大多数ではないでようか。

引出物の包装は寿の文字を入れ、結び切りで紅白または金銀の水引。そして新郎新婦の姓か名を入れるのが一般的であります。

引き出物のタブー

引出物として、「切れる、去る、割れる」などを連想させるものがタブーとされています。包丁やナイフ、はさみ、陶器などがそれにあたるのですが、現在はキッチンバサミセットやスプーン、フォーク、ナイフセットなど、あまり気にせず選ぶこともできるようですし、陶器は人気の引出物なので全く気にする事はないでしょう。しかし地域によっては現在もこの風習を重要視しているところもあるので、新郎新婦の出身地が違う場合、両家を交えて話し合う事が必要だと思います。

引き出物と同じように悩むのが出産祝いの贈り物だと思います。別ページ(出産祝いを経験した方の素敵な思い出エピソード)にて出産祝いについてのお話しもしています。

Favorite

結婚式 招待状

2017/8/3 更新