サムシングフォー

サムシングフォーってご存知ですか。それはヨーロッパに伝わるおまじないで、花嫁が幸せになれる言い伝えなのです。近年では日本でもサムシングフォーを取り入れて花嫁の結婚式の思い出作りに一役買っています。

4つのサムシング

ではサムシングフォーについて詳しくご紹介したいと思います。

サムシングフォーとは「4つの何か」という意味です。花嫁が結婚をする時に、この4つの何かを身につけると幸せになれるという言い伝えです。マザーグースの歌詞にもありヨーロッパでは広く親しまれています。

サムシングブルー

「何か青いもの」を意味します。花嫁の清らかさ、つまり純潔の象徴です。
聖母マリアのシンボルカラーがブルーであることに由来しており、花嫁の純潔をあらわしています。
ブルーのものを目立たない所につけるのが良いとされています。

例えば、青い下着やガーターベルトに青いリボンを付けるなど。結婚指輪の内側にサファイアなどの青い宝石を埋め込むのも素敵だと思います。

サムシングニュー

「何か新しいもの」を意味します。こらから始まる新生活、幸福な未来への象徴です。
新調した何かを身につけます。一般的には白いもので、例えば、長手袋や靴などです。ウェディングドレスをオーダーしたのなら、それは最高のサムシングニューではないでしょうか。

サムシングオールド

「何か古いもの」を意味します。先祖や伝統、家族の繋がりの象徴です。
家族や先祖から受け継いだ物を身に付けます。母や祖母が使用していたもの。例えばネックレスやイヤリングなどの宝飾品。

サムシングボロー

「何か借りたもの」を意味します。友人や隣人との幸せの縁繋がりの象徴です。

先に結婚され、幸せな生活を送っている友人から持ち物を借りる事により、その幸せを分けてもらう、あやかると言う意味があります。白いハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的になっています。

 

recommend

Last update:2016/6/30